オート福岡 板金 塗装 車買取 販売 オークション

車検・整備 福岡

車の車検・故障・修理などオート福岡にお任せください!
お客様の大切な愛車を長く乗るために、親切丁寧に点検整備いたします。
一度当社の車検をお試しください!

車検とは国が決めた自動車の法的な定期検査です。
費用が高いから、時間がかるからといって車検を怠ることは、
まず法律違反であると共に、命を自ら投げ捨てているようなものです。

車検はあくまでも「その時点で」安全というひとつの指標に過ぎず、
その後何のトラブルも起きない、という保証はどこにもありません。

日常的に自分で簡単な点検を行い、自動車の状態を常に知っておくことが重要です。
何よりも、自分や同乗者の命を守ることが大切なのです。

現在、世の中には規制緩和の関係もあり多くのタイプの車検が出回っています。
その内容や価格は様々です。
どの車検が自分にいちばん相応しいのかよく考え
自分に合った車検を見極め、安全・安心な自動車ライフを満喫しましょう 。

●重量税
自動車の使用が社会にちたらしている社会的コストに着目した国税です。
税率は自動車の重量に応じて定められています。

●自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)
交通事故の時、被害者が補償を受けられるようにと国が始めた保険制度です。
公道を走るすべてのクルマ・バイクに加入が義務付けられています。

●検査印紙
自動車検証の種別の欄に、小型・普通があります。 小型 1,700円/普通 1,800円となります。

●自動車税
自動車の所有に対して課税される財産税の一種です。
納税時期は自動車税総合事務所から送付する納税通知書により5月末までに納めます。
その際、納税証明書が発行されますので大切に保管して下さい。

自動車税を支払わなければ邪険は受けられません!!

車種 車両重量 重量税 自賠責保険 検査印紙 点検・整備料 代行代 合計
自家用
乗用車
0.5t超〜1.0t以下 ¥25,200 ¥29,780 ¥1,700 ¥17,850 ¥8,400 ¥82,930+リサイクル券納税証明書
1.0t超〜1.5t以下 ¥37,800 ¥29,780 ¥1,800 ¥17,850 ¥8,400 ¥95,630+リサイクル券納税証明書
1.5t超〜2.0t以下 ¥50,400 ¥29,780 ¥1,800 ¥17,850 ¥8,400 ¥108,230+リサイクル券納税証明書
2.0t超〜2.5t以下 ¥63,000 ¥29,780 ¥1,800 ¥17,850 ¥8,400 ¥120,830+リサイクル券納税証明書
2.5t超〜3.0t以下 ¥75,600 ¥29,780 ¥1,800 ¥17,850 ¥8,400 ¥133,430+リサイクル券納税証明書
軽自動車 自家用 ¥8,800 ¥24,180 ¥1,400 ¥17,850 ¥8,400 ¥60,630+リサイクル券納税証明書

●車両点検時に部品交換が必要な場合があります。
別途費用が必要になりますので、お客様にご連絡差し上げてからの作業となります。

●自賠責保険の有効期限が切れている場合、保険期間が1ヶ月増しになります。

●点検項目
1、パワーステアリング
ベルトの緩み、損傷などオイルの漏れがないか、オイルの量はどうか等を検査。

2、点火装置
スパーク・プラグの状態、点火時期、ディストリビータのキャップの状態などを検査。

3、バッテリー・電気配線
ターミナル部の緩みや劣化がないか、電気系統の配線の接続はどうか損傷はないか等を調べます。

4、エンジン
排気ガスの状態やエアクリーナーエレメントの汚れがないか等の検査。

5、冷却装置
ファン・ベルトの緩みや損傷はないか、冷却水の漏れ等はないかを検査。

6、燃料装置
燃料漏れやリンク機構の状態に異常はないかという項目を調べます。

7、公害発散防止装置
メターリング・バルブの状態、ブローバイガス還元装置の配管、燃料蒸発ガス排出防止装置の配管、
チャコールキャニクスのつまりや損傷、二次空気供給装置の機能、排出ガス再循環装置の機能、
減速時排気ガス減少装置の機能、一酸化炭素等発散防止装置の配管の損傷などを主に検査。

●店内点検
8、ハンドルハンドルの操作具合を確認。
9、ブレーキ・ペダル遊び具合や踏み込んだときの床板との隙間を検査
10、 バーキング・ブレーキ・レバー踏みしろやブレーキの効き具合を調べます。
11、 クラッチ・ペダル切れたときの床板との隙間を調べます。

●足まわり
12、 かじ取り車輪
13、 ショック・アブソーバ損傷がないか、オイル漏れがないかを検査 。
14、 サスペンション取り付け部分や連結部のゆるみ、損傷等がないかを検査 。
15、ブレーキ・ディスク・ドラムディスクとパッドの隙間、ブレーキ・パッドの消耗、ディスクの劣化、
  ドラムとライニング との隙間、ブレーキ・シューの劣化等を検査。

16、 ホイールタイヤの溝の深さ、磨耗、ボルトやナットの緩み、フロントホイールやベアリングの劣化、
   リアホイールの劣化等を調べます。
17、ブレーキのマスタ・シリンダー・ホイールシリンダー・デスクキャリバ液漏れや劣化、
   損傷等がないかを調べます。

●下まわり
18、 エンジンオイルエンジンオイルに漏れ等がないか調べます。
19、 ステアリング・ギア・ボックス取り付けの緩みがないかを検査。
20、 ステアリングのロッド・アーム類緩みや劣化、損傷、亀裂等がないかを検査。
21、 トランスミッション・トランスファオイルの量や漏れを検査。
22、 プロペラシャフト・ドライブシャフト連結部の緩み、ドライブシャフトの
   ユニバーサルジョイント部の劣化がないか調べます。
23、 テファレンシャルオイルの漏れ等。
24、 ブレーキロット・ケーブル類緩みや損傷がないか調べます。
25、 ブレーキホース・パイ損傷がないかを調べます。
26 、エキゾーストパイプ・マフラー取り付けの緩みや損傷、熱害棒shい装置の遮熱版の取り付け、
   劣化や損傷等を調べます。

●外まわり
27、 フレーム・ボディー緩みや損傷、劣化等の有無を調べます。